バレエDVDライブラリーTOP > > 三大クラシックバレエ

三大クラシックバレエ

クラシックバレエの中の超大作、『白鳥の湖』『眠りの森の美女』『くるみ割り人形』(すべて作曲はチャイコフスキー)を三大クラシックバレエと読んでいます。

三大クラシックバレエはそれぞれ特徴がありながらも、すべての作品にクラシックバレエの魅力が入っています。

白鳥の湖は、白鳥と黒鳥の一人で二役を演じるのが何といっても白鳥の湖の見所でしょう。 白鳥は魔法で姿を変えられてしまった可憐なお姫様、一方黒鳥は悪魔の娘で王子を誘惑するために登場します。 全く異なる役どころを主役のダンサーがどう見せてくれるのか、

『眠れる森の美女』はディズニーによってアニメ化されたので、ストーリーは誰でも知っていることでしょう。 眠れる森の美女は、三大バレエの中で1番上演時間が長い作品です。 

また、登場人物が多い、しかも、主役級のダンサーが大勢必要、場面が多く舞台装置にお金がかかる、などなどの理由から上演するのが非常に困難な作品とも言われています。 それだけに高度な踊りが随所に見られ、とても見ごたえのある作品です。

『くりみ割り人形』の原作はホフマンの童話『くるみ割り人形とはつかねずみの王様」』、有名な童話をもとに作られた作品なので、こちらもストーリはお馴染みの作品ですね。 くるみ割り人形は、小さな子供からから大人まで楽しく見られるバレエです。

≪バレエDVDライブラリーHOME▲ページTOP

[ ]